天珠の作り方を紹介! 至純天珠の工場へ仕入れ行きました

公開日:2021/05/31
更新日:2024/02/22

7,563 ビュー

皆さんが身に着けている現代天珠の作り方を紹介したいと思います。

こんにちは!「天珠専門店OVER-9」店長の水野健志です。

パワーストーン店でも天珠を扱いだした事で、日本でも天珠を見る機会が増えたように思います。

何気なく身に着けているこの「天珠」現代天珠は台湾や中国の天珠の工場で人の手によって作られています。

※ここ20数年チベットで作られた天珠と言うのは嘘ですので、お気を付けください。

天珠の作り方を紹介! 至純天珠の工場へ仕入れ行きました

天珠を販売しているお店はたくさん増えていますが、天珠の工場まで直接行って天珠の作り方を知っている日本人は僅かしかいません。

「天珠はどうやって作っているの?」

「良い天珠は中々作れなくて希少だ!と言われたけど実際どうなの?」

天珠を身に着けると、色んな疑問が出てきます・・・

貴方の天珠はどのように出来て、どうやって今あなたが身に着けているのでしょうか。

この記事では、至純天珠の工場へ行ってきた水野店長が、天珠の作り方や天珠の流通についてご案内致します。

現在、日本の天珠市場の半分以上を至純天珠が占めていると思います。

現代天珠の今市場に多く出回っている至純天珠の作り方を紹介します。

至純天珠の工場へ潜入!

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

一般の天珠の販売店、または天珠バイヤーでは入れない・・・

非公開だった天珠の製造工場での製造工程の一部を特別にご紹介してもよいと許可を頂きました^^

以下は、私が一人で天珠工場に行った時に収めた写真です。

(※無断転用はお控えください)

全身全霊の安全を願って💦飛行機で天珠メーカーに向かいます。

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

慣れない海外仕入れでは、ジェスチャーで乗り切っていますが、今回は通訳の方と一緒に日本から工場視察へ移動移動で担当者と合流し、工場へ連れて行ってもらいました。

天珠の原石登場!!!

到着してすぐ見えたのは圧倒されるほどの天珠の原石の山!天珠に使えない部分だそうです。

天珠を作るには、良い原石の中から良い箇所のみ選りすぐって作られます。

まず原石の時点でパワーストーン屋さんに売っているような安い瑪瑙ではない事が解りました!

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

ドラム缶にゴロゴロと加工される前の天珠に使用される原石がありました。

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

見た目には、ただの瑪瑙鉱石ですが天珠に使用する瑪瑙は通常の瑪瑙ではなく、

品質が良い石でないと焼き込みの温度に耐えられないと言われました。

いよいよ瑪瑙を切断していきます

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

切断機にて瑪瑙原石を天珠の形状に切り分けます。

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

粗削りされた原石を天珠の形状に削っていきます。

天珠を作るのに色んな機械がありますが、削る機械がずらっと並んでいます。

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

何度も何度も微調整をしながら、少しずつ天珠の形に削っていきます。天珠の形状に見えてきましたね!

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

工場長が説明をしながら穴を空ける作業を見せて頂きました。

パワーストーンビーズは丸形状がほとんどですが、天珠は樽型で長細いので綺麗に穴が開くように少しずつ水をかけながら削ります

台湾、中国では天珠はゴムブレスレットで通すよりも、アジアンコードや紐に通すことが多いので天珠の穴は基本的に大きく空けられています。

天珠の形状になった後は紋様を描き焼き込み作業ですが、これはメーカーのマル秘作業、企業秘密ですのでご紹介は出来ません。。

高温にて焼き込みするので、様々な条件が重なり同じような高品質な天珠が出来上がりません。

天珠を作っても、割れてしまう事があれば見た目も薄く紋様が綺麗に作ることが非常に難しいのです。

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

まとめ

至純天珠を作る大まかな工程を紹介しました。

途中、幾項目も細かな作業があり、全て100項目以上ある厳しい検査もあります。

これらは、製造元独自の研究の為、詳しい工程はご紹介できませんが、チベットの天珠を熱心に研究された情熱はひしひしと伝わります。

丁寧に、心を込めて作る天珠はひときわ輝きが違うものです。

OVER-9では、製造元の厳しいチェックされた天珠をさらに現地で店長自ら厳選し仕入れています。

作られた天珠は誰の手に渡る事無く、直接お客様にお届けいたします。

当店の天珠は、製造元から直接仕入れる事で、流通段階で色んな人の手に触れる事無く、また初めての所有者が貴方であると言う事で、ご安心していただけると思います。

おまけ!チベット人僧侶が天珠選びに来られていました

天珠の仕入れ 天珠の工場 天珠の作り方 製造工程

たまたま、天珠の仕入れ時に天珠を選びに来たチベットの僧侶がやってきましたので一緒に写真を撮りました。

チベットでは老天珠が無くなり、良い質の高い天珠を求めて来られるようです。

その後、何度もチベットの僧侶の方々と遭遇したことがありました。

良い天珠を見極めるように精進していきます!

※これは、2010年に至純天珠の工場に行った記録を更に整理しました。

今はコロナの事もあり仕入れがストップしています。

早くコロナ関係なく自由に仕入れが出来る世の中になってほしいです。

“天珠の作り方を紹介! 至純天珠の工場へ仕入れ行きました” への2件のフィードバック

  1. 松江淳子 より:

    龍眼天珠のブレス、気になるのが44万円します。
    もちろん現代天珠です。
    お高いと思うのですが悩んでます。

    • 水野 健志 より:

      コメントありがとうございます。
      お店によっては値段が違いますが、至純天珠よりも老礦天珠の方が値段が高くなります。
      現代天珠でも老礦天珠の最高品なら40万円します。
      弊社の龍眼天珠は以下になります。
      https://www.over-9.com/shopdetail/000000010159/

      恐らくこれ以上のクォリティーでこの価格はないと思うので、是非ご検討ください。
      また、オーダーメイドで組み合わせや希望のデザインに仕上げる事も可能なのでオーダーメイドページもご覧ください。
      https://www.over-9.com/html/page16.html

      OVER-9水野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人

水野 健志

OVER-9店長

水野 健志

2006年に不思議な魅力を放つ天珠に出会い天珠の卸販売を開始。
その後2008年1月1日、天珠専門店OVER-9を立ち上げる。
台湾、中国の天珠工場やメーカーに定期的に足を運び、老天珠のコレクターと出会う。
その縁により、天珠研究の第一人者である林東廣先生に指導を受ける。
延べ3万人以上に天珠を販売、アドバイスをさせて頂いた経験をもとに、皆様に天珠の正しい情報をお届けいたします。

天珠を販売して、2008年1月1日から始まったOVER-9は、創業13年になります。
おかげさまで多くの方に天珠を持っていただいております。

天珠についていただいたお声をブログでご紹介したいと思います。
できるだけ多くの人の感想等を伺いたいので、天珠の体験談を募集します。

ご参加いただいた方には…
当店で今すぐ使えるポイント、500pt(500円分)をメールにてプレゼント。
ぜひ、ご応募ください。

INFORMATION

OVER-9(オーバーナイン)お客様窓口

LINE ID: over-9

otoiawase@over-9.com

0749-37-2328 (※一時受付休止中)

営業時間:平日 10:00~12:00 / 13:00~15:00
※土日祝日は休業

お支払方法お支払方法

郵便振替・銀行振込(前払い)・クレジットカード決済・Amazon Pay・代金引換。
代引き手数料は一律350円。
11,000円以上お買上げで代引手数料無料。

配送料金配送料金

             

宅配便 : 全国一律700円
メール便 : 全国一律250円
11,000円以上お買上げ頂くと、送料無料。

お買い物ガイドお買い物ガイド

TOP