水晶クラスターの浄化と水晶さざれ石の注意点について

公開日:2021/01/16
更新日:2021/11/10

3,098 ビュー

「浄化の際にご注意ください」

+・・・・・・・・・・・・・・・・+

 

天珠の浄化には様々な方法があります。

ただ天珠は天然石と一緒にブレスレットなどに組み合わせて作りますので、

天然石、パワーストーンの浄化方法も知っていなくてはいけません。


ただ天珠には良くない浄化方法がありますので、ご注意ください。

天珠初心者の方に一番楽な浄化方法として、水晶クラスターの浄化をお勧めしています。



水晶クラスターで浄化

非常に簡単でお手軽な浄化方法になります。

ただ水晶クラスターの上に浄化したい天珠アイテムを乗せるだけになります。

さらに、水晶クラスターには自浄機能が備わり、

ネガティブなエネルギーを水晶クラスターが吸い込んでも、水晶クラスター自身で浄化できるので

水晶クラスターの浄化が必要ないというのが最も大きなお勧めポイントです。






つまり、水晶クラスターに天珠を置くだけで天珠も水晶クラスターも浄化でき、

さらに水晶クラスターはインテリアとしても綺麗ですし、空間の浄化にもなりますので一石二鳥、一石三鳥というわけです。


サイズは一本のブレスレットが乗るサイズ10cm以上が良いと思います。

沢山ある場合は、大きめの水晶クラスターがあれば何個も一気に浄化できます。

ご自宅に水晶クラスターを用意して、仕事から帰ってきたら水晶クラスターの上に置いて浄化する。そして朝起きて身に着けるという感じですね。



特に注意点としては、モース硬度が低いアンバーやカルサイトなどは傷がつくかもしれないので尖った部分に充てないほうが良いと思います。

他にもセレナイト、セラフィナイト、クリソコラ、パールとかですね。

※もう一つ注意点としては、水晶クラスターは自浄機能があると言いましたが、半年もたてば部屋の埃が水晶クラスターに付着してしまいます。

浄化のための水晶クラスターなので、定期的に流水で洗ってあげてください。

水晶と水は非常に相性が良いので、流水で埃などを洗い流してあげるとキラッキラと輝きます。

中国産の水晶クラスターのようにポイントが多いと、ポイントの隙間にも埃やごみが溜まりやすいので、歯ブラシなどで優しく取ってあげてください。








水晶のさざれ石について

水晶さざれ石は、キラキラと綺麗ですがあくまでも原石ではなく水晶の欠片になります。

その為、インテリアとしてや簡易な浄化、または水晶クラスターの周りに敷くサポート的な役割としてですと問題ありませんが、

しっかりと浄化するには、大自然が生み出したそのままの状態が良いと云われています。

水晶クラスターやトレジャー瑪瑙は、大自然が作った形状そのままという事も

あり悪い気を水晶クラスターに吸って宿したとしても、水晶クラスター自身で浄化が出来ます。



ただ水晶のさざれ石は、水晶の欠片になるので自浄作用がなく、さざれ石に吸い取られた悪い気は溜まり続けることになるので、

定期的に流水にさらしてさざれ石を浄化してあげないといけないので少し手間がいると思います。



水晶クラスター一覧はこちら



水晶さざれ石一覧はこちら



それでは、浄化のお勧めアイテムをご紹介していきたいと思います!



最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です